Tsukasa Theater

脚本家/役者・近藤司のブログ

New School大学が学生に占拠

ニューヨーク市立大学(City University of New York略してCUNY)の一つ、New School大学が学生に占拠されていたそうです。大学の食堂のようなところを拠点にしてメッセージを発信したりウェブサイトを作ったりと、自治活動を始めていたとか。結構近くを通る機会はあったはずなのに、気付かなかった。。。

彼らの声明文が出ていたので訳してみます。

ニューヨークシティより

私たちはニュースクール大学を占拠した。
私たちはこの場所を私たちのために、そして私たちの自治活動に参加したい全ての人たちのために解放する。ギリシャ、イタリア、フランスそしてスペインの大学や道路を占拠している人々と連帯する。

この占拠はニュースクールにおける具体的な状況、大学の企業化、そして教育一般における窮乏化にたいする反応として始まった。しかし、危機にあるのはこの大学だけでなくニューヨーク市もまたそうである。これからの数ヶ月で私たちのうち何千人もが仕事を失い、その一方で多くの人にとって住居の確保が高価で不可能なままだろうし、生活費は跳ね上がるだろう。

これらの我慢ならない状況は私たちの大学、市といった資本家の存在する社会関係のあらゆるところにおいて存在することを私たちは強調したい。そのため、今晩ニュースクールで起きることはここだけに抑えられることはできないし、そうあってはならない。

よって、この占拠をもって私たちはニューヨーク市で、そしてアメリカで占拠の波を始動する。この危機の時期におけるストライキ、バリケード、占拠の波を。

これは始まりにすぎない。

ニューヨークからギリシャ、イタリア、フランス、スペインそしてこれから起こる暴動への愛と連帯を込めて。

占拠されたニュースクール大学

剛平から話を聞いた時は授業料値上げ反対で座り込み程度かと思っていたら予想以上に物々しいですね。文章を読むとプロ活動家の雰囲気がするんですが、それともアメリカの大学の学生自治体って依然こんな感じなのかな。うーん、それは想像できんなぁ。
しかし不景気でヤバイみたいな話は結構生活の端々で耳にします。バイトのシフト減らされたりとか。
彼らの具体的な要求は学長の更迭や学生、職員による学長選挙の実現、図書館や学生生活の充実、自治空間の確保や奨学金の増額などのために資金を使うこと。2週間の占拠の後、学長Bob Kerreyとの交渉の場がもたれ、部分的には確約を得られたそうです。


元の記事
http://news.infoshop.org/article.php?story=20081217203327320

占拠したグループのウェブサイト
http://www.newschoolinexile.com


警官に学生が"shame!"と言っている。youtubeには中の様子や外から見た様子など結構たくさん動画があがっています。