Tsukasa Theater

脚本家/役者・近藤司のブログ

8月16日(月)

朝早く起きて出発する。。。つもりが昨日の飲み会もたたって予定より1時間遅く出発。昼過ぎに京都入り。そのまま京都府ALTIホールのダンスカンパニーのリハーサルにお邪魔する。

大阪芸術大学大学院の教授である望月則彦さんの振り付け「祈り」をリハーサルしていた。ここのホールは1階の客席を全てフラットに取り除いて1階部分を大きなステージにもできるらしい。是非見てみたい。彼らの公演は21日だったのだけれど残念ながら都合が合わず見られなかった。最後に少しだけ時間を頂いて3人でコラボパフォーマンスとソロを披露する。

3人のコラボパフォーマンスは俺が書いた「中国人の両親」という一人芝居をベースにしたサックス・ダンス・演劇の混ざった作品になっている。このツアーを通して色んな人に見せることになるのだけれど、ツアー中にどんどんと進化していき、自分としてもとても面白い制作過程を体験することになる。

京都は死ぬほど暑かった。16日の夜は送り火を見ることができたがBとChelsはあまり興味はわかない様子だった。まぁ、派手ではないわな。