Tsukasa Theater

脚本家/役者・近藤司のブログ

子どもの英語教育

よく子どもの英語教育について質問を受けます。3歳とか、4歳とかから英語を教えたほうがいいんでしょうか。といった具合の。

外国語の習得は年齢が幼ければ幼いほど有利なのは科学的に証明されています。かと言って全ての子どもにバイリンガル教育をするのはかなり難しいものがあります。子どもの能力や適性もありますし、バイリンガル教育は非常に長い時間をかけた忍耐強いプロセスと努力が必要です。

果たして日本の子どもたちに英語を教えるとなった時にどのようなものが一番良いのでしょうか。

俺も未だにこれは考えてるトピックではありますが、その子の人生というものを考えた時に大事な点が二つあると思います。


「楽しい」


「学校の成績・テストに全く関係ない」


一つ目は特に説明の必要はないと思います。二つ目は意外かもしれません。

子どもに外国語を教える時に、少なくともその先の人生ずっと糧になるようなものを身に着けて欲しいと願うはずです。

「大学受験で必要な英語能力をつけてくれるだけでいいからそういう子ども向けの英語教育お願いします」

という親は大学受験以外に子どもの幸せを左右する本当に大事な事がたくさんあることを真剣に考えた方が良いと思います。


今、冷静に考えて、日本の子どもたちのどれくらいが、テストの点数や足の速さ、スポーツのうまさやクラスでの人気、を忘れてただ楽しいことに没頭できる時間を持っているでしょうか?

英語に幼少時に触れる、となった時にそれがもし学校のように点数や成績と結び付けられた場合、その後の子どもの英語に対する感情を一生決めてしまいかねません。

なので、現時点での俺の子どもの英語教育における結論は

3歳や4歳の子どもから小学校卒業までの子が英語を学習する場合、幼少時の言語習得において最大のアドバンテージである「耳」と「発話」を活かしつつ、頭の良さや出来の良し悪しを全く問題にしない環境ひたすら「楽しむ」ことが最大の目標である。

となります。

幼少時に「耳」と「発話」というレベルで英語に触れておけば、その後一切英語に触れなかったとしても大人になってからの勉強でいくらでも英語力を伸ばすことはできます。

大学受験やビジネス英語というのは時代によって変わる、とても現実的なニーズです。これらで必要な英語は、その時に勉強すれば何とかなります。

英語を使う時に「子ども」でいさせてあげること。これには非常に深い意味があります。

次のエントリーでは実際に何ができるか、について書きます。