Tsukasa Theater

脚本家/役者・近藤司のブログ

あけましておめでとうございます

阪神大震災から17年。家具に埋もれて動けなかったあの朝のことは今でも鮮明に思い出すけど―ほんと未だに、この日に何を言えばいいのか分からん。

さて皆さまお久しぶりです。明けましておめでとうございます。

去年を振りかえり感謝すべき人々を思い出したいと思います。

東北の震災―遠くにいても、影響を受けた。日本との強いつながりを感じた。

5月には俺の戯曲が東京で演出された。演出してくれた小川絵梨子さんはその後(前だっけ?)小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞し、最近では三谷幸喜蜷川幸雄と並び読売演劇大賞の演出家賞にノミネートされ、もはや一瞬にして雲の上。

5月にはいつものジャパンソサエティのキッズショー。あ、これも小川絵梨子さん演出だ。役者として参加。

6月には3年ほどクラスをとり続けた演劇学校HBスタジオを卒業。たくさんの親友たち、ルイーズ・ラッサーと出会わせてくれたことにただひたすら感謝。

7月にはマイアミ・キーウェストでバケーション。楽しかった。写真はマイアミでの一枚。

8月は。。。?何したっけ?ショートフィルムなどを何本か撮影した気がする。

9月エージェントと仕事し始めたのがこの月か。

10月ジャパンソサエティでハロウィンのキッズショー。キャストの中ではついに一番の古株に!

11月12月何してたか記憶ない。

2012年の抱負は「自分に正直に、飾らずに、情熱的に生きる」

そしたら何があっても後悔しないはず。