Tsukasa Theater

脚本家/役者・近藤司のブログ

翻訳に関して気づいたこと

いくつかの翻訳の仕事をしているが、翻訳は内容によって必要とされる能力が全く違うので面白い。

毎回何かのルールを作ってそれにそって機械的にできたら楽なのになと思ったりもする。
しかし現実はそういう訳にはいかない。

以前共同作業で人文科学系の論文の英→日の翻訳をしていた時に共同翻訳者の一人が「〜〜だ。」と訳すか、「〜〜である。」と訳すかについて自分のルールを作っているという話をしていた。

詳しい内容は忘れてしまったけれどかなりテクニカルな訳し分け方だったように思う。

(筆者の意見の場合は「〜〜である。」にするとか、強く主張しているところを「〜である。」にするとか、そういった具合のルールだったように覚えている。)

それを聞いて「ああ俺の中にはそういうテクニカルなルールは全くないなぁ。」と感じたのを覚えている。基本的には英語であれ日本語であれ原文を読んで思いついたものを書いているだけだ。

これの一番の理由は俺のしている翻訳の大部分はそれほど専門的ではないからだと思う。

法律文書なんかだと、この単語は日本語ではこの単語を使う、こういう構文はこういう日本語の文にする、などと対応がはっきりしていると聞く。訳語・訳文が決まっているものが多いのだ。

自分の限られた知識の中で例を書くとしたら、経済学で「限界効用逓減の法則」と言ったらThe law of diminishing marginal utility.と訳すと決まっている。

全く同じように意味が通じてもThe law of decreasing marginal utilityと訳すのはほとんど無い。といった具合だ。

俺にとっては、こういうテクニカルな翻訳はその分野自体に興味がないとひどく苦痛になる。


しかし、給料が良いのは当然専門的なテクニカルな翻訳なのである。はにゃにゃ。

さて、今定期的にやっているのはTabroid.netの記事翻訳。
このサイトはアンドロイド携帯向けのアプリの中で日本発のものをレビューするというTabroid.jpの英語版である。
俺は、日本語のレビューを英語に翻訳している。中には驚くようなアプリもあり、やっていて楽しい翻訳でもある。

それと海外の芝居の脚本の翻訳をしている。

いつも、記事翻訳に比べて脚本の翻訳がやたら時間がかかるのがストレスだったんだが、今日それを解決する発見があった。

脚本翻訳の場合、本に直接鉛筆で書き込んでいったほうが圧倒的に能率が良い。
だいたい3倍以上の速さになることが分かった。

例えば上のタブロイドの記事だと、最初からコンピュータに向かって英文を打ち込んで、最後の一文を書いたら終了。という感じで進めるし、それが一番効率が良いのだけれど、

脚本の場合はまず固有名詞の繰り返し、が果てしなく多い。

当然、脚本なので台詞の上に名前が毎回書かれている。俺のようなしがない翻訳家はこれも毎回自分でタイプしないといけない。
なので一つの台詞の訳を思いついて次の台詞に行くまでにそのキャラクターの名前をタイピングするという作業が毎回必要になる。
時間にしたら1秒程度だが、これのせいで、思考が毎回ストップしてしまうのである。その結果、毎回少しずつ考え込むことになっていた。

しかし今日コインランドリーで洗濯物がぐるぐると回っている間にベンチに座り、本に鉛筆に書き込んで行ったら、なんと30分もたたないうちに4ページほど進んでしまった。

1時間に2、3ページしか進まなかったのに対してこれは大きな変化である。これで今後は〆切りを守れるかもしれない!